2005年10月18日 (火)

危険なアネキ

新しく始まったドラマを見た。

危険なアネキ

玖珠がドラマを見るといったら、あれだ。
好きな女優が出てるからニャハハ
伊東美咲かわえ~の~プロフィール見たら同い年じゃねーかこのやろ~
内容もそれなりに見れるし、頑張って見てみるか。

ところで、森山未来って『せかちゅー』のあれだよね。
なんかドランクドラゴンの鈴木拓と同じ系統の顔に見えてしょうがない。助けてください、助けてください!!
思っちゃったんだからしょーがないじゃないw

榮倉奈々を、ドラマを見てる最中、従妹に突っ込まれるまで宮崎あおいと思っていた俺。
教えられても、今後もかなりビミョー。
やばいやばい。
とうとうオヤジの領域に入ってきたか(汗)
加護・辻は見分けられてたのに~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 7日 (木)

電車男

今日からやね。

ドラマ版「電車男

基本的にドラマは見ない男だけど、見てみまっか。

なんせ、

LOVE 伊東美咲!!

やっぱ大きくしてみた。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2005年6月 9日 (木)

偉大なるトホホ人物伝

さて問題です。

この人は誰でしょうか。

who_is_he


























「源頼朝」と思った方は残念!!
正解は・・・足利尊氏の弟の「足利直義(ただよし)」という説が有力らしい。
この絵の名前は「伝源頼朝像」。つまり、話として伝えられたものなんだって。

さらに「いい国作ろう鎌倉幕府」で暗記した「1192年源頼朝鎌倉幕府を開く」。その前から幕府として機能していたから、今では年号として教えていないとか。

おいおい、今まで勉強したことって無駄だったのかよ。
歴史は「何年に何があったか」より「こういうことがあってこういうことがあった」を重視して勉強したかったな。
歴史は人間が作るんだから、やっぱり人間臭いことを教えるほうが面白いよ。

情報元:所さん&おすぎの偉大なるトホホ人物伝

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年3月23日 (水)

自然にやさしいが環境破壊!?

素敵な宇宙船地球号を見て、環境問題に考えさせられました。
自然にやさしいという利点から洗剤に利用され、さらに食パンからマーガリンなどに使われているパーム油。
それを使うだけでは環境に問題ないけど、多く使われるようになれば供給も増やさなければならない。
その増やす時点で、熱帯雨林が伐採され環境破壊が進んでいるそうです。
自然にやさしいが売りだったはずのパーム油が人間の経済活動によって、結果的に環境破壊につながってしまうとは皮肉なもんだね。
環境を守るというのはどういうことなんでしょうね。
自然に全く関与しないというのは全く違うと思う。人間だって生態系の一部であると思うし、全く関与しないことはそれこそ不自然となってしまうと思う。新聞である学者が「WRCなどのラリーで車が走ることで生じる砂埃が自然に大きな影響を与えるから規制すべきだ」と述べていたが、自然ってそんなに弱いものなのだろうか。WRCで生じる砂埃に比べれば、それこそ台風などの方が植物に大きな損害を与える。しかし、だからといって台風が来たからといって森林がなくなったりしたかな。自然とはある程度の回復力は持っているのだ。どうも、その学者の意見は「人間すら自然に足跡を踏み入れてはいけない」位、自然が弱くて守るべきものだと聞こえてしょうがない。まあ、希少種が存在するところではその意見は同意するけどね。

じゃあ、科学技術を持って人間が手を加えるのはどうか。
自分の中では反対はしないけど、難しいだろうな。
手法を間違えれば、花粉症というかたちで人間に返ってきたり、もしくはその地域の昔からある生態系を乱すことになったり・・・あんまり、傲慢にならずに慎重に研究していくことが必要だな。
一番いいと思うのは、植物がよく育つ環境を作った室内で植物を栽培するシステムが出来れば、少ない土地で効率的に野菜の生産が出来るようになるから、必然的に人間が手をつけるところも減り、食料不足問題にも対応できるようになって一石二鳥ではないかな。

何事にも、適度ってことでしょう。自然を適度に利用し、適度に守ること。それが大事だな。

自然の叡智がテーマの愛・地球博 2005/03/25開幕

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年3月18日 (金)

レイザーラモン住谷

爆笑問題のバク天!で気になってた
は~どげいです。
ふぅ~

の人が、レイザーラモン住谷っていうのをともさん(☆LOVEsBlog☆)とこで知りました。
しかも、動画つき。こりゃ、この記事は永久保存版だな。

この人はネタやるんかな。まだ、見たこと無いけど。
でも、かなり見てるだけでも受ける~。
今年、ブレイクする芸人はこの人で決まりだね!!

風呂場であの腰の動きを試してみたけど、全然動かんわ^^


猫ひろしも結構好きだったんだけど・・・
一般的には理解されなかったね・・・
ちと残念(>_<)

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005年2月22日 (火)

不幸の法則

不幸の法則』の再現ドラマに出てる女優さん(木南晴夏
の演技にめろめろ~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年2月19日 (土)

カミングダウト

カミングダウト、それはプレーヤーのエピソードについて真偽を当てる番組。
結構面白いんだよね。
その番組である女性タレント(18)のトゥルーエピソードが大反響を呼んでいるようだねぇ→

ところで、ある女性タレントって誰だろう?後で、ビデオ見るの楽しみだなぁ。
こんな番組に苦情が殺到って、結構暇人って多いんだね^^

確かに集団強盗をねたにするのは、いけないこととは思うけど、他にも「これは時効だけど」と前置きしてねたにして話す人ってたくさんいなかたっけ。なんでこの女性タレントだけ非難浴びてんだろう。やっぱ売れているか売れていないかの違いなんかな。なんかかわいそうに思えちゃう。

追記:どこかのブログでは当該女性タレントの名前をさらしていたり、明らかに分かるような伏字で表示していますが、そういうことは明らかにマナー違反であると思われるので、あとでビデオを見て誰か分かったとしてもこのブログでは明らかにしません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月13日 (日)

報道特集を見て

~シャチが流氷で死亡・・・なぜ?~
シャチの集団が流氷に岸に追いやられ全部死んでしまった出来事があったようです。
んー、かわいそ。
しかし、大人のシャチであれば数時間は潜ったままで水中を移動できるため、こんなことにはならなかったであろうとのこと。
それじゃあ、なぜこんなことになったのかというと、シャチが子供を守るためであったらしい。
シャチはもともと家族愛が強いらしく観光船が来たときに集団の中に子供がいれば、子供を守るために敵の目をそらせようと観光船の下を通るような行動をするそうです。今回の出来事は、流氷に迫られたが子供がいた(中の一匹は病気持ちだったそうです。)ため、逃げられるはずの大人のシャチも逃げずにその場にとどまり、逃げ場がなくなり死んでしまったのが真相のようです。シャチって獰猛ってイメージしかなかったけど、なんか見直しました。今の家族を大事にしない人達へ教材として見せてあげたいよ、うん。

で、話は変わるけどこういうふうな感情あふれる行動をとったりするから、同じ哺乳類の鯨の反捕鯨運動がでるのかな。
でも、玖珠は今回のような行動を直に見ても反捕鯨派に賛同することはしないよ。
やっぱり他種の生物を食べて生きていくのが本来の自然界の有り方だもん。
反捕鯨派の主要国であるアメリカ。あなたは江戸時代末期あたりに鯨の油をとるために日本の近くまで来てたんじゃないですか?それが今じゃとる必要がなくなったからって、反対なんかしちゃって。ほんと京都議定書の件でも同じだけど、自分たちの事しか考えてないな。鯨が増えれば、鯨が食べる魚が減るのは自明の理。いわしの漁獲高が激減したってのはそのへんにあるんじゃないかな。でも、鯨の種保存のための捕獲調整には賛成です。捕鯨で生きていく国だってあるんだから、バランスある決断を国際捕鯨委員会(IWC)で出してほしいな。

~募金の不透明な金の流れ~
街頭募金でお金儲けをしてるなぞの集団があるそうです。気をつけましょう。
募金を行っている人も時給1000円で雇われているバイトさんとか。
それを見破るには募金をしている人に「どこの団体が募金をしているのか」「そこの連絡先を教えて」と聞いてみましょう。
質問に答えない、またはあやふやにする人がいたらその募金活動は偽者です。
今の法律ではこのような行為を取り締まることが出来ないんだって。出来たとしても、被害者を特定して詐欺として訴えるしかないそうです。でも、被害者を特定って無理そー。人の慈善を踏みにじらないようしっかりと法整備をして欲しいものです。
行政が道路の使用許可を与えているから、警察も滅多に退去命令を出せないんだって。ちゃんとどのような団体か調べて許可を出してるんかな。なんか行政も間接的に悪事に手を貸しているような感じだよね。
玖珠も東京駅で募金を逃げられずに^^したことあったけど、それはどうだったんかな~

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年2月 3日 (木)

検証・ザ・後ろ向き歩き

「所さん&おすぎの偉大なるトホホ人物伝」という歴史上の人物のとほほを紹介する番組で、なぜかO脚・X脚を直す方法を紹介していたのでそれを検証したいと思います。テレビって結構、実験がうまくいかなかったりしたのを隠したりするからね。ちなみにその番組で実験した人達はみんな効果がありました(ЭЭ)okyaku

その方法はというと
一日八歩後ろ向き歩き
です。

①おへその辺りに力を入れる
②大股でゆっくり歩く
③足の裏全体で着地する
④横に広がらずつま先を前に向けまっすぐ

これを一日八歩で毎日続けましょう。普段使わない筋肉を使ったりして、骨盤が修正されて直るそうです。

実験前、膝間+6.0cmです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年1月 3日 (月)

占い番組

今日もやりますね、某占い師による番組。
玖珠はこういう類の番組というかこの個人自体が嫌いです。

一般的に言われる占いとは、将来起こることを予言して、悪いことが起こらないように何をすべきかとかをアドバイスすることだよね。玖珠の中での解釈は違います。まず、時の流れとは一定方向に一方通行に流れるものであり、人生とは何をしたらこうなるという仮定をしたフローチャート的なものではないのです。占いで将来が分かるとするなら、占いをしてもらった後の最終的な結果がわかっていなければ、玖珠の中では占いとはいえないわけです。つまり、某占い師がやっていることは、某占い師が「これこれしないと地獄に落ちるわよ」といっている通り、人生をフローチャート的なものと考えているため、玖珠の解釈する人生論とは合致せず、全て嘘としか言わざるを得ないわけです。最近では、脅迫紛いのことまで言い出してたちが悪いです。

売り出している本がギネスに載るぐらい売れているらしいです。買うほうもなんで無意味なものを買うの?とは思いますが、某占い師のアドバイスに救いを求めてる人がいるということですよね。いっそのこと、占いという冠をとってアドバイザーとして売り出したほうがいいんじゃないですかね。胡散臭さもなくなるし。

そういえば、谷亮子がアテネで金メダルをとれないとか言ってたけど・・・ふふふ、やっぱりはずしましたね。
占いとか予言の検証番組ってやらないかなぁ。

最後に・・・未来を知ることなんてできませんよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧